(がん関連情報)~乳がん検診と乳房の穿刺診

 乳がん検診では、主にマンモグラフィ検査が行われる。また、超音波検査が併用されるところもある。マンモグラフィとは、乳房のX線写真撮影のことである。

 これらの検査は、年齢によって使い分けられる。年齢が若く、正常な乳腺組織がしっかり残っていて、その密度が高い状態では、マンモグラフィで見ると、正常な乳腺とがんとの違いが分かりにくい。若い乳腺組織が残っている場合は、超音波で見たほうが、がんがくっきり見える。

 マンモグラフィでがんが最も目立つのは、乳腺組織が退化して脂肪に置き換わった高齢者の場合である。脂肪の中のがんをX線写真で見るとくっきりと白く見える。個人差はあるが、閉経期を迎えるとともに、乳腺組織の脂肪化が進む。

 現在、乳がん検診では、40歳を超えた人ではマンモグラフィ検査を行い、40歳未満の人では超音波で検査するか、あるいはマンモグラフィと超音波検査を併用して行う。

 そして、がんかどうかの診断は、注射器を使ってしこりを刺し、そこから細胞を吸い取り、それを顕微鏡で見てがん細胞かどうかを判断するという方法で行うことが多い。刺して吸い取り、がん細胞の有無を診断するから、それを穿刺吸引細胞診という。

 あるいは、専用の太い針を使って刺し、針の中に入ったしこりの一部を取り出して、それをホルマリンで固めて顕微鏡検査する。これを穿刺生検という。

 生検とは、からだの一部を取って病理組織検査をすることである。病理組織検査なので、がんかどうかの最終的な診断が得られる。もちろん、針の中に入った小さな組織を見て診断するのだから、最終的な診断と言っても、その診断能力には限界がある。つまり、がんかどうか区別のつけ難い病変の場合は、この穿刺生検では診断が困難である。

 また、いずれも針を刺すというだけの簡単な医療行為でがんの診断が付けられるわけだが、刺す針でがんの一部を壊すことになるため、がん細胞の転移を促したり、針の通り道にがん細胞をまき散らす可能性はないのかという懸念が持たれる。

 末期で抵抗力の低下した乳がん患者では、針を刺したところからがんが皮膚の外に増大したということはあるが、手遅れになる前の段階の乳がん患者で、針を刺したためにがんが余計に大きくなったとか転移を促進したという事実はないとされている。

 また、たとえ少しのがん細胞が刺した針に付いていて、それが正常なところに引っかかり落ちたとしても、その後に手術をして取ってしまえばまったく問題がないが、手術をしなくても抗がん剤や放射線によるがんの治療をすれば、同様にまったく問題ないとされている。

※このブログが本になりました。「がんになって分かったこと~さまざまながんの素顔と元気な患者たち」という書名で、文芸社からの出版です。ネット販売もしています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック