(がん関連情報)~乳がんのオーダーメード治療

 乳がんは、女性ホルモンが発がんに関係するがんである。そして、現在、乳がん細胞を詳しく調べることによって、女性ホルモンが増殖に関係することを正確に診断できるようになった。

 女性ホルモンが増殖を促す乳がんを、ホルモン感受性乳がんという。そういう乳がん細胞は、女性ホルモンを受け入れる窓口を細胞の表面に持っている。受け入れの窓口を受容体という。現在、二種類の代表的な女性ホルモン、つまりエストロゲンとプロゲステロンに対する受容体の有無を調べることができる。

 これらの女性ホルモンに関係する乳がん、とくにエストロゲンに感受性を持つ乳がんでは、体内のエストロゲンを減らせば乳がんの成長を止めることができる。つまり、いわゆるホルモン治療が有効なのである。

 もうひとつ、最近、がんの増殖に関係するさまざまな遺伝子が見つけられ、それを阻害する薬剤が開発されている。それを使った治療が、分子標的治療といわれる治療である。

 乳がん細胞でも、がんの増殖に関係する特殊な遺伝子を持つ細胞があることが分かっている。そのひとつにHER2(「ハーツー」)遺伝子というものがある。これはがん遺伝子で、ヒトEGFR(上皮成長因子受容体)関連物質2の英名の頭文字を取って命名された。

 これを持っているということは、がん細胞が活発に増殖する性質があるということになり、悪性であることになるが、今では、その働きを抑えることのできる薬ができたので、それによってがんを抑えられる可能性が出てきた。

 以上のように、乳がんでは女性ホルモン受容体があるかどうか、あるいはHER2遺伝子があるかどうかによって、効く薬が決められる。したがって、この検査は極めて重要である。

※このブログが本になりました。「がんになって分かったこと~さまざまながんの素顔と元気な患者たち」という書名で、文芸社からの出版です。ネット販売もしています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック