治療させてもらえなかった乳がん(SIさんの場合)~痛みのための緊急入院

 SIさんには針を刺して検査をした後に痛み止めを処方したが、その夜、SIさんは痛みのためどうしても眠れず、がまんができなくなって、私が紹介すると言った病院に自分で救急車を呼んで緊急受診し、結局、そのまま入院した。

 家で食事をつくってもらえなくなることになった夫も、「勝手にしろ」と言い捨て、翌朝、家を出て行った。

 すぐに、入院先の主治医から連絡が入った。検査の結果を教えて欲しいということだった。もちろん、私は少しでも早い方がいいと思って行った検査なので、結果が届き次第連絡すると伝えた。

 生検の結果は、幸いなことにエストロゲンとプロゲステロンどちらの女性ホルモン受容体も陽性の乳がんだった。これは、ホルモン療法が効くという結果だ。すぐにその結果を主治医に伝えた。主治医は、すぐに治療を始めると言った。

 緊急入院した病院で、そのままSIさんの乳がんに対する治療が始められた。エストロゲンの働きを抑える抗エストロゲン剤を使った飲み薬による治療である。

※このブログが本になりました。「がんになって分かったこと~さまざまながんの素顔と元気な患者たち」という書名で、文芸社からの出版です。ネット販売もしています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック