(がん関連情報)~乳がんの薬物治療

 ホルモン感受性のある乳がんは、乳がん全体の60~70%といわれる。これらの乳がんにはホルモン療法が有効だ。女性ホルモンの働きを抑える薬剤を使う治療である。通常の薬剤は、抗エストロゲン剤である。

 しかし、エストロゲンなどの女性ホルモンは、閉経前と後でつくられるプロセスが異なるため、治療薬も違ってくる。

 閉経前は、卵巣で女性ホルモンがつくられるが、閉経後卵巣機能が衰えると、副腎や脂肪組織から分泌される男性ホルモン(女性でも男性ホルモンが分泌されている)を女性ホルモンに変える物質が活動し始める。この物質をアロマターゼという。

 だから、閉経後では、男性ホルモンを女性ホルモンに変えるアロマターゼの働きを抑える薬が有効である。現在、エストロゲンの働きを抑える抗エストロゲン剤よりも、アロマターゼの働きを抑えるアロマターゼ阻害剤の方が効果のあることが分かっている。

 乳がんには、通常の抗がん剤も有効である。この薬剤は、がん細胞の分裂を抑えてがんの増殖を止める。通常、いくつかの抗がん剤を組み合わせて静脈内に注射する方法が用いられる。

 最も多い副作用は、吐き気と脱毛、そして白血球減少である。なかには、手足のシビレなどの末梢神経障害や皮膚炎などの出る抗がん剤もある。吐き気に対しては、吐き気を抑える薬剤ができたので、以前ほどつらい思いをすることがなくなっている。

 この抗がん剤による吐き気はつらい。なにも吐くものがなくても、吐く。いったん吐き気が起こってしまうと、抗がん剤を見ただけで吐き気を催すということになることもある。したがって、最初にきちんと吐き気を抑えることが重要である。

 申し訳ないが、抗がん剤による脱毛は仕方がない。これこそ、抗がん剤が効いている証拠なのである。細胞分裂を抑える薬だから、正常な細胞の分裂、つまり増殖を抑えてしまう。われわれのからだの中で細胞分裂が活発なところは、骨髄と毛根である。したがって、それらの細胞分裂が止まる。だから、毛が抜けてしまい、白血球が減る。

 脱毛と白血球減少は、抗がん剤の細胞分裂抑制作用による同じ現象である。つまり、これらの服用は、抗がん剤の効果がなくなれば元通りに回復する。いちど抜けた毛髪も、必ず生えてくる。しかし、女性にとって髪の毛がなくなることは本当につらいことである。

※このブログが本になりました。「がんになって分かったこと~さまざまながんの素顔と元気な患者たち」という書名で、文芸社からの出版です。ネット販売もしています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック