がん友(MYさんの場合)~がんとは仲良く

 MIさんはいう。
「私はがんに恋をするのがいいと思う。恋をすれば相手を知ろうとする。がんも同じ。がんはよく知ることが大事。相手を知り尽くして、どうすればいいかを考えればいい。だから、私はがんを嫌いになるんじゃなくて、がんに恋をする」

 MYさんもまったく同感だった。

「がんと仲良くなればいい。私のがんだって、そう思っているはず。私が死んだら、私のがんも生きていられない。だから、私のがんは私を大事にするのが当然。おたがい大事にしていればいい。おたがい相手をやっつけようなどと思うと、つらい思いをすることになる。だから、お互い仲のいい状態でいればいい」

 これがMYさんの持論である。

※このブログが本になりました。「がんになって分かったこと~さまざまながんの素顔と元気な患者たち」という書名で、文芸社からの出版です。ネット販売もしています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック