がん友(MYさんの場合)~がん患者はみんなが「がん友(とも)」に

 MYさんは、がん患者はもっと外に出て仲間を増やすべきと思う。閉じこもって悩んでいても、なにもいいことはない。落ち込んでいては、そのために免疫力が落ちてがんに負けてしまう。

 MYさんも、がん病棟で傾聴ボランティアを続けているがん患者のひとりだ。がんの最大の苦しみと痛みを経験した自分には、がんで苦しむ患者になにが必要なのかが分かる。これこそ、自分ががんになったためにできることである。

 そして、がん病棟での治療を終え、少しでも普通の生活ができる状態になったがん患者には、外に出るように促す。がん患者が自分一人で悩みを抱えていても、なにも解決しない。そのままでは、悩みと不安が増えるばかりである。

 みんなが「がん友(とも)」になればいい。だから、MYさんは悩むがん患者をがん患者の中へ引っ張り出すのだ。がん患者同士で自分の気持ちを互いに話せば、互いによく理解し合え、気持ちを落ち着けられる。

 MYさんは、がん患者の悩みや不安をなくすには、すべてのがん患者が「がん友(とも)」になればいいと思うのである。

※このブログが本になりました。「がんになって分かったこと~さまざまながんの素顔と元気な患者たち」という書名で、文芸社からの出版です。ネット販売もしています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック