がんとの長いつきあい(KGさんの場合)~経過観察

 そして、気管支鏡検査が行われたが、結果はやはり担当医が言った通り、なにも特別な異常は出なかった。

 担当医はKGさんと妻に言った。

「やはり、経過観察でいいと思います。肺がんを積極的に疑うものではないですからね。自然に治った肺炎か何かのあとではないでしょうか。この3か月の間に、まったく変わりがなかったですからね。3か月後にしましょうか?また、来てください」

 KGさんは、自分もがんであったことを考えると、妻の肺の異常を肺がんに違いないと考えずにはいられなかった。
妻に代わってKGさんは担当医に言った。

「先生、本当にこのままでいいんですか?がんの可能性は本当にないんですか?」

 担当医は応えた。

「もちろん、がんの可能性がまったくないとは思っていません。だから、経過を見るんです。でも、おそらくがん以外のものだと思います。とにかく、変化があるかどうかを定期的に見て行きましょう。つぎは3か月後でいいと思います」

 そう言われたKGさんには、もう返す言葉はなかった。奥さんの顔を見ながら言った。

「そうですか。では、とにかく3か月後に来てみます」

※このブログが本になりました。「がんになって分かったこと~さまざまながんの素顔と元気な患者たち」という書名で、文芸社からの出版です。ネット販売もしています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック