もう一度歩きたい(KKさんの場合)~骨転移と言う主治医への不満とあきらめ

 KKさんはさらに主治医に聞いた。

「先生、じゃあ、もしもう少し早く手術をしていれば、転移も起こらなかった可能性があるわけですね?」

 主治医は答えた。

「そうですね。膀胱がんはすぐに見つかりましたが、尿管がんの発見が残念ながら遅れました」

 KKさんは「どうして両方一緒に見つけられなかったんだ?」と思ったが、つぎのように言った。

「CTまで撮っていただいたのに見つからず、本当に残念でした」

 主治医は、それ以上なにも言わなかった。

 KKさんは、あきらめたように言った。

「とにかく、この痛みをなんとかしていただきたいです」

 主治医はあらためて言った。

「そうですね。骨の転移による痛みへの最も効果的な治療は放射線治療です。さっそくお願いしてみます」

 KKさんはうなずいて言った。

「よろしくお願いします」

※このブログが本になりました。「がんになって分かったこと~さまざまながんの素顔と元気な患者たち」という書名で、文芸社からの出版です。ネット販売もしています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック