もう一度歩きたい(KKさんの場合)~骨転移による痛みの再発

 KKさんが痛みを忘れられた期間は、しかし、たった1か月だった。ふたたびKKさんの背中に、前と同じ痛みが出てきた。

 じわーっと続く痛みに加えて、ときどきズキーンと痛む。体の向きによって痛みが変わるような気もする。しかし、じっとしていても、あるいは体をどのように動かしても痛みを感じないことはない。

 KKさんは、まだ治っていないという気持ちになったが、そうするとなおさら痛みを強く感じた。

「先生、私のがんは治っていないんでしょうか?どうなってるんですか?」

 主治医は答えた。

「再発の治療は難しいんです。再発の場所だけを治せばいいとは限らないことが多いんです。転移があると、それが一か所に限らないことも多いんです。そうすると、一か所を治してもそれで終わりになるとは限らない」

 主治医は続けた。

「とにかく、痛みを感じる場所のCTを撮ってどうなっているのかを確かめてみます」

 すぐにCTが撮られた。

※このブログが本になりました。「がんになって分かったこと~さまざまながんの素顔と元気な患者たち」という書名で、文芸社からの出版です。ネット販売もしています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック