もう一度歩きたい(KKさんの場合)~オピオイド貼付剤の効果

 モルヒネに代表される麻薬製剤をオピオイドという。KKさんに使われたように、この薬は飲み薬で始めることが多い。

 主な副作用は、吐き気と便秘である。この副作用は、前もって吐き気止めと便秘の薬を飲むことによって防ぐことができる。

 そして何よりも、痛みを抑える力がオピオイドに勝る飲み薬はない。さらに、オピオイドには使用上限がない。つまり、効くまで量を増やせる薬なのである。

 そう言うと、麻薬中毒を心配する声が聞かれそうである。しかし、痛みの強い人に使う場合には、オピオイドによる依存症は起こらないことが分かっている。最近では、がんだけではなく、脊椎に原因がある強い神経痛などにもオピオイドが使われるようになっている。

 しかし、量が増えると飲むのが大変になる。その時に使われるのが、貼り薬である。現在では、モルヒネよりも鎮痛効果が高いフェンタニルという薬剤の貼付剤を使うことが多い。

 この貼付剤は、数日毎に貼り替えるタイプが多い。毎日貼り替えるタイプのものもあるが、いずれにしても貼り忘れさえしなければ効果は続く。

※このブログが本になりました。「がんになって分かったこと~さまざまながんの素顔と元気な患者たち」という書名で、文芸社からの出版です。ネット販売もしています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック