がんなんて本当?(KWの場合)~腎臓の手術へ

 KWさんは、もうあっけにとられてなにも言葉がみつからなかった。

「先生、私はいったいどうなってしまったんですか?」

 主治医は答えた。

「そうですねKWさん、びっくりしましたよね。いろんな検査を受けて、最後は腎臓がんということになったわけですからね」

「でも、がんとは言っても、腎臓がんではすぐに命にかかわるようなことにはなりませんよ。それに手術自体はそれほど難しくはありません。ただ、手術のキズは大きいですけどね」

 KWさんは、あらためて聞いた。

「入院ですか?」

 主治医は答えた。

「ああ、そうです。もちろん入院していただきます。ただ、通院でできる検査は済ましてしまいましょう。といっても、もうほとんどの検査は終わっています」

「残るのは、脳のCTと心臓や肺機能の検査だけです。脳のCTは、脳にも転移があるかどうかを確かめるためです。心臓と肺の検査は、手術に耐えられることを確認するためのものです。全部通院でできます」

※このブログが本になりました。「がんになって分かったこと~さまざまながんの素顔と元気な患者たち」という書名で、文芸社からの出版です。ネット販売もしています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック