サルビアの会3月患者会(その2)

 それを聞いてYGさんが言います。

「私は手足が冷えるんです。そして足が自由に動かせません。抗がん剤の治療のあとからです」

 胃がんの治療後8年が経つUDさんが言いました。

「私は汗が出過ぎて冷えるんです。最近では、朝方にふとんの中でびっしょりに汗をかいています。だから、全部パジャマを着替えないと冷えてしまうんです。どうしてこんなに汗が出るんでしょうね?」

 私が答えました。

「更年期の症状でしょうかね。更年期が落ち着くまでは仕方がないかもしれません」

 それを聞いて腎臓がん治療中のKWさんが言いました。

「私は正反対です。どんな時でも汗をかかないんです。週に何回かは必ずトレーニングをするんですが、その時にも汗をかきません。私はおかしいんでしょうか?」

 また、私が答えました。

「汗をかくかかかないかは、自律神経がコントロールしていますから、その人の周りの環境が影響します。それと、汗をかかないと思っても実は汗は出ているんです。玉のような汗にならないだけだと思いますよ」

 ご主人が肺がん治療中のIDさんが言います。

「主人は、抗がん剤の点滴治療のあとは本当に汗びっしょりになります。それで主人は、そばにドライヤーを置くことにしたんです。ドライヤーを使って乾かすんです。それでなんとかなりました。いい方法かどうかは分かりませんが、主人はそれで安心できるようになったと言っています」

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック