サルビアの会8月家族会(その1)

 きょうは暑いでした。それなのに診療所のエアコンは壊れています。修理は来週末になる予定。それまでの間、外来の待合室には扇風機を置いてありますが、やはり暑い。

 その暑さのせいなのか、きょうの参加者は子宮がんの再発を乗り越えたMYさん一人。ですので、二人きりでいろんな話ができました。

 MYさんはピアサポート研修に誘われているといいます。それが来月の患者会の日。だから、来月は会に参加できないとのこと。

 最近では、県内のがん診療拠点病院にがん患者サロンがつくられています。MYさんが傾聴ボランティアで行っている病院の相談員からピアサポート研修に誘われたといいます。ぜひとも、いいピアカウンセラーになってがんサロンの立ち上げに関わってもらいたいと思います。

 MYさんは言います。

「がんサロンは主宰者の考えで雰囲気が変わりますよね。この会のように自由に参加できる雰囲気がいいと思います」

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック