サルビアの会4月家族会(その1)

 今回は最初に食道がん治療後のTJさんが、奥さんといっしょに入って来ました。

 保健師のKHさんからは、用事があるのできょうは参加できないと電話がありました。

 TJさんが言います。

「前回参加できなくて、次の患者会も天気の具合でどうなるか分からないので、きょうやって来ました」

「今、畑仕事で大変なんですよ。きょうは天気の具合が良くないんで、畑仕事はできませんから来られたわけです」

 すぐに大腸がんのご主人が治療を終えてもうすぐ3年になるCBさんが来ました。そして肝臓がん治療中のYGさんについて話してくれました。YGさんは2月からこの会に来ていません。

「私、YGさんがどうしていらっしゃるか心配で電話したんです。そしたら、ご本人が電話に出て話してくれました」

「2月3日に入院したんだそうです。1週間は意識がなかったと言います。脚にけがをしたとか・・・。これははっきりしませんが、今は元気になったようです」

「3月24日に退院して、ショートステイを使ってなんとかしているんだそうです。電話があまり長くなるとYGさんつらいだろうと思ったので、それ以上くわしく話をきかず電話を切りました」

 私が言いました。

「そうですか。連絡をしていただいてよかったですね。とりあえず、YGさんがお元気そうだということが分かったわけですからね。あとは、私が電話して状況を確認してみます」

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • サルビアの会 (4月家族会) はお休みしましたが、・・・・

    Excerpt: 前日夜には参加のつもりでいたのですが、 当日の朝、自分の身体がストップをかけてきました。 (まだまだ、自分の身体の声を聞きながらの毎日です) Weblog: 開業保健師  みんなの“自分らしさ”を大切に racked: 2015-04-05 17:08