サルビアの会11月患者会(その1)

 時間前から、初めて参加するMMさんが入って来ました。ご主人が前立腺がんなんだそうです。

「主人は63歳なんですが、父親が前立腺がんで亡くなったこともあり、ずっと前立腺がん検診を受けていたんです」

「なので、PSAが高くなってきてからは、泌尿器科に行ってきちんと診てもらっていました。PSAが4を超えた時には、生検をしてもらったんですが、がんは見つかりませんでした」

「その後、PSAが9になった時にも生検をしてもらいましたが、陰性でした。さらに、PSAが17まで上がった時にも生検でがんは出なかったんです」

「ところが、今度28まで急に上がったので検査したんです。そして、とうとう前立腺がんと診断されたんです。病院では、すぐに手術ということになりました」

「最初は、『前立腺がんはゆっくり進むがんだから手術で治る』という簡単な感じでしたが、検査を進めるうちに『どうもまずい』と言うんです。骨と肺がおかしいということになって、PETをやったんです」

「そうすると、やはり骨盤と肺に転移があることが分かりました。主人はがっくりです。でも、効く薬があると言われ、なんとか気を取りもどして治療を受け始めました」

「ところが、新しいいい薬だと言われた注射薬をおなかに打ったんですが、そこが腫れてしまいアレルギーだろうということになって、続けられないと言われてしまったんです」

「それで、また落ち込んでしまいました。きょうはいっしょにここへ来る予定だったんですが、起きられないと言うので、私だけ来たんです」

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • サルビアの会(11月患者会)に参加

    Excerpt: 昨日第3土曜日は、古河市で開かれているがん患者会に参加してきました。 久しぶりの青空の穏やかな週末でした。 Weblog: 開業保健師  みんなの“自分らしさ”を大切に racked: 2015-11-22 22:03