サルビアの会3月家族会(その2)

 今回、初めて参加したOBさんに私が聞きました。

「OBさんは、どうされたんですか?」

 OBさんが答えます。

「私は患者本人です。病院のがんサポートセンターで、ここにいるMYさんと会ってこの会の話を聞いたんです。それで、今日参加しました」

「2年前に大腸がんの手術を受けました。ところが、その半年後に左の副腎に転移しているのが分かったんです」

「それで抗がん剤治療をして、がんを小さくしてから手術しようということになりました。ところが、この抗がん剤は私に合いませんでした」

「白血球が減るなどの副作用もかなりひどく、私には抗がん剤のにおいががまんできませんでした。しかも効果がなかったんです」

「そして、半年前に手術をしました。ところが副腎といっしょに取ったリンパ節に転移がありました。それで、手術のあとに放射線治療をしました」

「それなのに、先月CTを撮ると、リンパ節が大きくなっているのが分かったんです」

「抗がん剤治療も放射線治療もやったのに、また再発してしまったんです」

「それを聞いて、私は震えました。ショックで何も考えられませんでした。どうしたらいいか分からなくなったんです」

「でも、がんサポートセンターでMYさんと会って話をして、少し気持ちが落ち着きました。今は、セカンドオピニオンをもらおうと考えています」

 私が言いました。

「そうですね。それがいいと思います。今までの治療内容と、現在の状態の検査結果を全部書いてもらうんです」

「それを持って、セカンドオピニオンをもらおうと思うところに行くんです。がんセンターか癌研病院がいいしょうかね?」

 OBさんがさらに言いました。

「今の段階で、手術は考えられないんでしょうか?」

「主治医の先生は、前にやった抗がん剤と違う抗がん剤を試してみようと言ってくれていますが、それをやりながらセカンドオピニオンを受けうることはできますか?」

「治療を受けているのに、別の病院へ行くのは主治医の気持ちを悪くすることにならないでしょうか?」

 私が答えました。

「そうですね。再手術も選択肢になる可能性はありますね。その意味でもセカンドオピニオンを受けるのがいいですね」

「セカンドオピニオンを受けるのに、何も遠慮することはありませんよ。主治医も、それはよく分かってくれるはずです」

「今は、治療方針について第三者の医師に意見をもらうセカンドオピニオンはだれでも知っていることですからね」

 OBさんが言います。

「そうですか。安心しました。主治医の先生に頼んでみます。私は死ぬわけにはいきませんので、頑張りますよ」

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック