サルビアの会2月家族会(その2)

 MKさんが言います。

「体力がつく食事には気を使っているんですが、腸閉塞を防ぐ食事はどうしたらいいんでしょうか?」

「肉類はよくないって聞いたことがあるので、肉は食べさせないようにしているんですが・・・」

 私が言いました。

「肉はタンパク質ですから、食べても腸閉塞にはならないですよ」

「タンパク質は小腸で完全に吸収されてしまいます。なので、大腸にはなにも影響がないということです」

「肉はむしろ食べたほうがいい食べものですよ」

「腸閉塞を起こす食べ物は小腸で吸収されず、大腸にカスが残ってしまう食べものです」

「食物繊維の多い食べ物と言えばいいでしょう。消化されにくい食べ物です」

 腸閉塞の経験のあるMYさんが言います。

「一番は海藻類ですよ。これは一番消化されにくいです」

「そのまま便に出てくることさえありますよね」

「それにキノコ類です。これも消化されにくい」

「それから、イモ類も線維が多いです。便秘にいいものは線維が多いですから、消化されにくいです」

 そうですね。消化されにくいものは便秘を解消するのに役立つ食べ物です。

 ですから、身近なものではイモ類です。

 それと海藻類とキノコ類は最も消化されにくい食べ物ですから、絶対に食べないようにするべきです。

 MKさんが言います。

「まったく違うことをやっていました。よく分かりました。注意します」

 私が言いました。

「そうですね。当分、肉類を中心にして食べるようにするのがいいと思います」

「もちろん、魚でもかまいません。でも、牛乳や栄養剤が簡単でいいと思います」

「いずれにしても、食物繊維の多いものを避けるようにするのがいいと思います」

(つづく)

この記事へのコメント