サルビアの会2月患者会(その3)

 MYさんが言います。 「帯状疱疹は痛いそうですね。じつは私もがんの治療中に帯状疱疹になったんです」 「でも、がんの痛みがひどかったので、その時にはすでにモルヒネを飲んでいたんです」 「だから、痛みはまったく感じませんでした。私には帯状疱疹が痛いという経験がないんです」  MYさんが続けます。 「友達から聞…
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会2月患者会(その2)

 卵巣がん手術後10年以上になるYDさんが言います。 「97歳のおばが亡くなりました」 「5年前に腎臓がんがみつかっていたんですが、年齢を考えて治療しないことにしていたんです」 「その後も元気に琴やお茶を楽しんでいました」 「私にとってあこがれのおばでした。寂しい限りです」 「告別式には400人もの人が来て…
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会2月患者会(その1)

 大腸がん再発に抗がん剤治療を始めたOMさんは、今2回目の治療中だと言います。 「血液検査は問題ありませんでした。少しタンパクが足りないだけです」 「CTを撮りましたが、その結果を見せてもらってもなんだか分かりません。先生、どうなんでしょうか?」  それを見せてもらいました。  肝臓のS3という区域に小さなしこり…
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会2月家族会(その4)

 KHさんがさらに言います。 「手術前の抗がん剤治療が終わった後から、手足のシビレが残っています」 「そのことを言ったら、看護師さんたちが言ってました」 「治療が終わって3~4週間経っても残っているシビレは、そのまま残ることが多いって」  それを聞いてOMさんが言います。 「シビレは年の単位で残りますよ」 …
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会2月家族会(その3)

 つぎに大腸がん肝転移切除後のOMさんが言います。 「腹膜に播種が見つかったので、抗がん剤治療を始めることになりました」 「腫瘍マーカーはまったく上がっていません。これが私のがんなので仕方ないです」 「抗がん剤はオキザリプラチンです。手足のシビレがひどくなる薬です」 「ショックを起こした経歴があるので、主治医も慎…
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会2月家族会(その2)

 MKさんが言います。 「体力がつく食事には気を使っているんですが、腸閉塞を防ぐ食事はどうしたらいいんでしょうか?」 「肉類はよくないって聞いたことがあるので、肉は食べさせないようにしているんですが・・・」  私が言いました。 「肉はタンパク質ですから、食べても腸閉塞にはならないですよ」 「タンパク質は小腸…
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会2月家族会(その1)

 初めて親子で参加したMKさんが言います。 「友愛記念病院のがんサロンに参加してここを紹介されて来ました」 「夫が大腸がんなんです」 「去年健診で貧血を指摘されたんです。体重も4~5キロ減ってました」 「それで胃と腸の内視鏡検査が必要だって言われて、病院に行きました」 「それで大腸がんと診断されたんです」 …
コメント:0

続きを読むread more