サルビアの会6月患者会(その2)

 むくみはみんなが経験していることです。卵巣がん術後のYDさんが言います。

「私も左脚のむくみが出てから13年にもなります」

「ときどき真っ赤になって心配になることもあるんですが、なんとか落ち着いてくれています」

「それにしても、靴を履くのも時間がかかって大変なんです」

 大腸がん治療中のOMさんが言います。

「大腸がんでも手術のあとに脚のリンパ浮腫が起こるんですが、大腸がんの場合は保険適応になっていないんですよ」

「これをなんとかして欲しいですね」

 子宮がん再発を乗り越えたMYさんが言います。

「婦人科系がんの場合は保険が使えるようになってますよ」

「卵巣がんや子宮がんです」

「私が左腕のリンパ浮腫を治療したころは、リンパマッサージをはじめとして全部自費でしたけどね」

 YDさんが言います。

「むくみもつらいんですが、脚の裏の冷えがつらいですね。冷えは両方の足に続いているんです」

 MYさんが言います。

「冷えが強いだけでなく、感覚が鈍くなってますよね」

「だから、よくつまづくんです。これは危ないですよね。ころびますからね」

 乳がんの手術のあとに起こる腕のリンパ浮腫は最初に保険の適応になりました。

 でも、脚のむくみはいろいろな原因で起こるので、保険の適応が難しいんでしょう。

 ただ、婦人科系のがんの手術のあとに起こる脚のリンパ浮腫は診断が容易なので、保険が使えるようになったのでしょう。

(つづく)

この記事へのコメント