サルビアの会6月患者会(その3)

 YDさんが言います。 「むくみだけじゃなくて、両方の足の裏が冷えますね」  それを聞いてMYさんが言います。 「私もそうです。ただ、冷えるだけじゃなくて感覚が鈍いです」 「足の裏になにかがまとわりついているような感じです」 「だから、ちょっとしたものにもつまづいてしまうんです。本当に気をつけないと転びます…
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会6月患者会(その2)

 むくみはみんなが経験していることです。卵巣がん術後のYDさんが言います。 「私も左脚のむくみが出てから13年にもなります」 「ときどき真っ赤になって心配になることもあるんですが、なんとか落ち着いてくれています」 「それにしても、靴を履くのも時間がかかって大変なんです」  大腸がん治療中のOMさんが言います。 …
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会6月患者会(その1)

 最初に入ってきた大腸がん治療中のOMさんが言います。 「きのう抗がん剤点滴をやってきました」 「血小板が96,000まで減っていたんですが、この程度ならば大丈夫だろうということでやることになったんです」 「それから、肝機能の数値も少し上がってました。それも気になるんですが、それも大丈夫だろうということでした」 …
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会6月家族会(その4)

 ご主人が肺がんで治療中のTNさんが言います。 「主人は予定の4回の抗がん剤点滴が終わったところです」 「一段落です。でも、副作用で食欲が落ちて、倦怠感が強く、節々が痛いって言ってます」 「でも、だんだん副作用は弱くなっているようです」 「これからは1剤で続けることになっています」 「どこでやってもらうかは…
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会6月家族会(その3)

 UDさんはさらに続けます。 「投げやりな感じの兄をどう励ましたらいいか悩んでいるんです」 「私は、同じ大腸がんで治療中の元気なOMさんの話や私自身の胃がんの手術後の話をしました」 「すると兄は『それは運がよかったからだよ』って言うだけで、自分からはなにもやろうとはしないんです」  そのOMさんが言います。 …
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会6月家族会(その2)

 大腸がん治療中のOMさんが言います。 「7回目の抗がん剤点滴が終わりました」 「そのあと血小板が減ってしまって、2週間休んでました」 「今週の検査で元通りになったのが分かったので、来週8回目の点滴になります」  お兄さんが大腸がんのUDさんが言います。 「兄は、先週初めて抗がん剤の点滴をやりました」 …
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会6月家族会(その1)

 卵巣がん術後のYDさんが言います。 「新型コロナのために息子はTV会議が増えています」 「自分の部屋には、そのための機具が備わっているんだそうです」 「それを見て孫たちがそれを使わせて欲しいと息子の部屋を占領してしまうんだそうです」 「なので、TV会議のない日は私の家に来ているんです」 「息子の世話をしな…
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会5月患者会(その5)

 MYさんが言います。 「私の友達ですい臓がんのOKさんは、腫瘍マーカーが下がっているのに腹水が増えているんです」 「血液中のアルブミンが下がっているんだそうです。これはどう考えたらいいんでしょうか?」 「本人は前向きです。落ち込むことがないんです。それはいいことでしょうが、周りから見て心配です」  私が言いまし…
コメント:0

続きを読むread more