サルビアの会7月患者会(その4)

 KDさんが言います。 「私はくよくよしないことにしてるんです」  たしかにKDさんは腎臓がんが見つかって10年以上になります。  しかも肺の転移が先に見つかりました。  その転移はそのままで腎臓だけを手術して今になっているわけです。  インターフェロン治療を続けているんですが、始めは熱や関節痛でつらい思い…
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会7月患者会(その3)

 KHさんが続けて言います。 「肺に転移のある膵臓がんのおばが週1回の抗がん剤点滴を始めました」 「この間、初めてCTを撮ったそうです」 「肺も膵臓もしこりは小さくなっているそうです。抗がん剤を続けると言ってます」  KHさんがさらに続けます。 「それに義理のお父さんが肝臓がんなんです」 「腹腔鏡で手…
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会7月患者会(その2)

 腎臓がん肺転移が10年以上変わりなく元気なKWさんが言います。 「私は普通の抗がん剤ではなくインターフェロンの注射を今も続けています」 「最初は注射のあと熱が出るなどで苦しかったですが、今は当時の半分の量に減らしてもらってます」 「しかも最初週3回の注射だったのが今では週に2回で済んでいるのでほとんど問題ありません」…
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会7月患者会(その1)

 初めて参加したSZさんが言います。 「背中が痛かったので近くの医院に行ったんです」 「そして検査を受けて膵臓にしこりがあると言われました」 「結局、栃木県のがんセンターに紹介されました」 「そして3月に手術を受けましたが、動脈にがんがくい込んでいたので取ることができませんでした」 「それで抗がん剤治療が始…
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会7月家族会(その4)

 ご主人を大腸がんで亡くしたKNさんが言います。 「私の友達がコロナに感染してしまったんです」 「その友達とは3時間くらい話してました」 「私はまったく自覚症状がなかったんですが、濃厚接触者として外出禁止になってしまいました」 「結局、50日くらい外に出ませんでした」 「保健所から連絡があったんですが、外出…
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会7月家族会(その3)

 大腸がん治療中の元気なOMさんが言います。 「私も抗がん剤点滴の直後は動けなくなりますよ。だから、自分で意識して動くようにするんです」 「でも、やっぱり動いた後は寝てる。疲れるんです。1日に数回は寝てますよ」  UDさんが言います。 「でも、OMさんは元気ですね」 「兄はまったく動こうとしませんから、脚の…
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会7月家族会(その2)

 ご主人が肺がん治療中のTNさんが言います。 「主人は6月30日に職場復帰したんです」 「でも、息切れもあるので大変そうです。職場は東京の中野ですからね」 「職場でも息切れがひどいので、職場の上司も無理はするなと言ってくれているようですが、本人は続ける気持ちです」 「職場は消防庁なので、息切れがすると酸素飽和度を…
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会7月家族会(その1)

 今回は私が前日夜の飲み会で飲みすぎて寝過ごしてしまいました。  私が会に遅れるのは初めてのことでした。  子宮がん再発を乗り越えたMYさんが言います。 「車を運転しているところに電話するのは気が引けたんですが、電話しちゃいました」  いやいや私のほうから電話をしておけばよかったんです。これからはそうすることにし…
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会6月患者会(その4)

 ご主人が肺がん治療中のTNさんが言います。 「4回目の抗がん剤治療が終わったところで、主人は体中の痛みがひどくなりました」 「やっと落ち着いたところで5回目の抗がん剤治療を受けに行ったんです」 「が、その時に撮ったCTで、それまで小さくなっていたしこりが大きくなっていたんだそうです」 「4回目は副作用の強かった…
コメント:0

続きを読むread more