サルビアの会8月家族会(その3)

 新型コロナの話が続きます。

 KNさんが言います。

「そうですよね。私は感染した可能性が十分あると思うんです」

「ただ、なにも症状は出ませんでした」

「ま、正確なところは分からないわけですが、本当に感染していて症状のまったく出ない人はいると思います」

「だから、私は国が示す感染者数は当てにならないと思ってるんです。感染者はもっともっと大勢いますよ」

 私が言います。

「本当にその通りです。実際の感染者数はもっと多いはずです」

「だから、実際の死亡率は本当に低いという可能性が高いだろうと思います」

「少なくとも日本人ではそう言えそうです」

「ただ、欧米では違うんです。死亡率が日本人の10倍以上です」

「この本当の理由はまだ分かりません」

「何かの理由で、日本人はコロナウイルスに対する強い免疫を持っているようです」

「BCGを打っていることも理由のひとつかも知れないと考えられています」

「でも、まだ本当のところは分かりません」

 大腸がん手術後のAKさんが言います。

「国の言うことはいい加減なことが多すぎると思いますよ」

「車で県をまたいで移動するななんて言いますよね」

「私は。じゃあ船に乗って別の県に行ったらどうなんだなんて言いたくなります」

 AKさんは、ずいぶんからんできましたね。

 だれかががんとコロナとどっちがいや?と言いました。

 MYさんがすぐに言いました。

「私はコロナのほうがいやですよ」

「18年もがんと一緒に来たんですよ」

「ここでコロナにかかって死んだりしたら、今までの18年間はなんだったのかってことになりますよ」

「だから、コロナは嫌いです。コロナなんかで死にたくはないですよ」

 そうですよね。がん患者はみんなそう思っているでしょう。

 今月の患者会はちょうどお盆と重なります。ですので、お休みにします。

 つぎの会は9月第1土曜日の家族会です。では、つぎの会まで。

(8月家族会終わり)

この記事へのコメント