サルビアの会9月家族会(その1)

 今回、子宮がん再発を乗り越え16年になるMYさんは休みだと腎臓がんのご主人を亡くして13年になるSSさんが言います。

「きのうの朝突然亡くなったと連絡がありました」

「前の晩には、まったくふつうに変わりなくお休みになったそうですが・・・」

「それで、きょうは参加できないと電話がありました」

 大腸がん治療中のOMさんが言います。

「ご主人が血液サラサラの薬を飲んでいるとMYさんが言っていたような気がしますけどね」

 そうすると心筋梗塞か脳梗塞が起こったんでしょうか。

 いずれにしても、MYさんよりも先に亡くなるのは、少し早すぎます。

 MYさんは、ご主人の分まで長生きするとなると、130歳まで生きなくちゃならなくなります。

 MYさん、頑張りがいがまた増えてしまいましたね。

 今回は、最初に地元紙茨城新聞の論説に書いた記事の紹介をしました。新型コロナに関する内容です。

 私は、新型コロナの感染拡大で子どもたちが無理な生活を強いられていることが可哀そうで仕方がないと思っています。

 子どもたちは、友達といっしょに触れ合うことで多くを知り成長するものと思います。

 それができなくなっているからです。こう思う人は多いと思います。

 もちろん、新型コロナに感染させてはいけないと強く思う親御さんたちの気持ちは分かります。

 新型コロナはこわい感染症と思っているからですよね。

 それこそ、かかろと死んでしまう病気と思っている人が多いと思います。

 私は、第一にそういう気持ちを国民に抱かせている国に問題があると思います。

 日本では最初に大型クルーズ船ダイアモンドプリンセス号に乗り合わせた日本人客に新型コロナの感染者が出ました。

 その経験は重要だと思います。その経験を国民にもっと知らせるべきだったと思います。

 そこでは日本人客712人が感染し、その中で亡くなった人は13人でした。

 感染した人は高齢者ばかりです。それでも亡くなったのは712人中13人だけです。

 わずか1.8%です。2%に満たないわけです。

 この事実をもっと国民に知らせるべきだと思います。

 高齢者が感染すると、すぐに命に関わることになるなどということはないのです。

 もちろん、なんらかの病気を持つ高齢者は違います。

 たとえば、ヘビースモーカー(志村けんさんがそうだったように、COPDという肺の疾患になっています)や糖尿病の人が代表的です。

 そのほか、動脈硬化が進んでいる人もリスクが高いと言われています。

 でも新型コロナは、たとえ高齢者が感染しても、ふつうは問題なく治ってしまいます。

(つづく) 今回、子宮がん再発を乗り越え16年になるMYさんは休みだと腎臓がんのご主人を亡くして13年になるSSさんが言います。

「きのうの朝突然亡くなったと連絡がありました」

「前の晩には、まったくふつうに変わりなくお休みになったそうですが・・・」

「それで、きょうは参加できないと電話がありました」

 大腸がん治療中のOMさんが言います。

「ご主人が血液サラサラの薬を飲んでいるとMYさんが言っていたような気がしますけどね」

 そうすると心筋梗塞か脳梗塞が起こったんでしょうか。

 いずれにしても、MYさんよりも先に亡くなるのは、少し早すぎます。

 MYさんは、ご主人の分まで長生きするとなると、130歳まで生きなくちゃならなくなります。

 MYさん、頑張りがいがまた増えてしまいましたね。

 今回は、最初に地元紙茨城新聞の論説に書いた記事の紹介をしました。新型コロナに関する内容です。

 私は、新型コロナの感染拡大で子どもたちが無理な生活を強いられていることが可哀そうで仕方がないと思っています。

 子どもたちは、友達といっしょに触れ合うことで多くを知り成長するものと思います。

 それができなくなっているからです。こう思う人は多いと思います。

 もちろん、新型コロナに感染させてはいけないと強く思う親御さんたちの気持ちは分かります。

 新型コロナはこわい感染症と思っているからですよね。

 それこそ、かかろと死んでしまう病気と思っている人が多いと思います。

 私は、第一にそういう気持ちを国民に抱かせている国に問題があると思います。

 日本では最初に大型クルーズ船ダイアモンドプリンセス号に乗り合わせた日本人客に新型コロナの感染者が出ました。

 その経験は重要だと思います。その経験を国民にもっと知らせるべきだったと思います。

 そこでは日本人客712人が感染し、その中で亡くなった人は13人でした。

 感染した人は高齢者ばかりです。それでも亡くなったのは712人中13人だけです。

 わずか1.8%です。2%に満たないわけです。この事実をもっと国民に知らせるべきだと思います。

 高齢者が感染すると、すぐに命に関わることになるなどということはないのです。

 もちろん、なんらかの病気を持つ高齢者は違います。

 たとえば、ヘビースモーカー(志村けんさんがそうだったように、COPDという肺の疾患になっています)や糖尿病の人が代表的です。

 そのほか、動脈硬化が進んでいる人もリスクが高いと言われています。

 新型コロナは、たとえ高齢者が感染しても、ふつうは問題なく治ってしまいます。

(つづく)

この記事へのコメント