サルビアの会9月家族会(その2)

 KNさんが言いました。

「私は、友達が新型コロナに感染して、その濃厚接触者になりました」

「でも、当時はPCR検査をやってもらえませんでした」

「ただ自宅待機だけで2週間そのままでした」

「毎日保健所から電話があり、具合がどうかと聞かれました」

「なにも具合の悪いことがなかったので、なにもありませんって答えていました」

「すると、2週間経ったところで、もう大丈夫ですって言うんです」

「これでいいって言うんです」

「私はPCR検査はしないんですかって聞きましたが、必要ないって言うんです」

「それで、それっきりでした。だから、私は新型コロナに感染した可能性が高いと思っています」

「ただ、無症状で治ってしまったと思います」

「こういう人間はたくさんいるんじゃないですか?」

「だから、今感染した人の数が毎日報告されてますが、私は実際にはもっと多いと思ってますよ」

 その通りだと思います。

 KNさんが実際本当に感染したかどうかは抗体検査をしないと分かりません。

 でも、感染して無症状で治ってしまう高齢者も多いと思います。

 全体で見ると、今、新型コロナ感染者の5人中1人が肺炎を起こし、そのうちの20人に1人が重症化すると言われています。

 が、KNさんが本当に感染していたとすると、そのように表に出て来ない感染者がもっと増えることになります。

 ですから、この数字はもっと低くなる可能性があると思います。

 そうなれば、新型コロナはもっとこわくないことになりますよね。

 でも、実際に感染者が増えれば肺炎を起こす人は確実に増えます。

 そうなると、その治療のためのベッドが必要になります。

 なので、急に患者が増えるとベッドが間に合わなくなり困るわけです。

 少しづつ増えて行く分には問題ないんですが・・・。

(つづく)

この記事へのコメント