サルビアの会10月患者会(その3)

 AIさんが言います。 「私は、抗がん剤治療を受ける時に『自分が初めてなんじゃない』って思いました」 「もう何人もの人がこの治療を受けてきているんだって思ったんです」 「だから、なにも心配なことはないって。それで、気持ちが落ち着きました」  ISさんが大きくうなづきます。  MYさんが言いました。 「…
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会10月患者会(その2)

 そこへ初めて娘さんと一緒に入ってきたISさんが言いました。 「私は80歳になりますが、数日前に濾胞性リンパ腫で抗がん剤治療をするかどうか決めろと言われてしまいました」 「今、脚が痛んでいるんですが、これは老化のせいです」 「咳が出て呼吸が苦しくなったので、診察を受けました」 「それで首にリンパ節が腫れていること…
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会10月患者会(その1)

 子宮がん再発を乗り越えたMYさんのご主人が先月突然亡くなりました。  そのMYさんが言います。 「前の日、夕食をOMさんが持って来てくれたんです」 「それをいただいて、それからアイスクリームをおいしそうに食べて、いつものように寝ました」 「それが翌朝、亡くなったんです」 「ちょっといつもより起きてくるのが…
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会10月家族会(その3)

 ご主人を大腸がんで看取ってから15年以上になるKNさんが言います。 「最近、私は自分が生きてる意味はないってつくづく思うんです」 「とんちんかんなことをやってばかりなんです」 「この前、イスに座りそこねて頭をぶつけて、頭を切ってしまいました」 「大出血でした。隣の友達が救急車を呼んでくれたんです。それで何針も縫…
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会10月家族会(その2)

 肺がんのご主人を看取ったTNさんが言います。 「主人は8月31日に亡くなりましたが、お墓はまだ決まっていません」 「どうしようか悩んでいます。私たちは古河生まれではないんです」  みんなが言います。 「市内のお寺は高いですよね。新しく檀家になるとすると大変ですよ」  TNさんが言います。 「そうです…
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会10月家族会(その1)

 久しぶりに参加した妹さんがリンパ腫のOZさんが言いました。 「妹は亡くなりました。お世話になりました。町中のお墓に埋葬しました」  そうでしたか。残念でした。  卵巣がん術後のYDさんといっしょに初めて参加したWNさんが言います。 「私は8月に帯状疱疹と言われました。そのキズが化膿して痛みがひどかったんです」 …
コメント:0

続きを読むread more