サルビアの会10月患者会(その4)

 卵巣がん治療後のYDさんが言います。

「私は84歳になりましたが、車の運転をしています」

「この間、免許証の書き換えをしてきました」

「私の家は運送業だったんです。車の運転を始めて60年になるんですよ」

「家には車がたくさんありましたからね」

「最初の2年間は無免許でした」

「それを知っていた警察から言われたんです、『そろそろ免許を取ったほうがいいよ』って。それで取ったんです」

 60年前は平和でしたね。元気なYDさんは続けます。

「私の卵巣がんは腹痛で見つかったんです」

「最初は盲腸かと思っていました。でも、少し変なので病院へ行きました」

「おなかのX線写真を撮ってもらいましたが、なにもないと言われました」

「でも、半年後にCTで卵巣のしこりが見つかったんです」

「私が68歳の時です。大学病院で手術して、手術の後に抗がん剤治療を受けました」

「髪の毛が抜ける、白血球が減る、食べられなくなるなど、抗がん剤の副作用をすべて経験しました」

 IKさんが言います。

「私も最初は首に3個のリンパ節が腫れてきたんです」

「変だなと思って、近くの先生に診てもらったんですが、大丈夫と言われました」

「でも、心配だったのでリンパ節を2個切り取って検査してもらいました。それで診断がついたんです」

 IKさんが続けます。

「じつは私はもう生きていなくていいっていう気持ちがあるんです」

「でも、それは娘の前では言えません。そういう悩みもありました」

 AIさんが言います。

「私の母は糖尿病で、それが悪化して人工透析をしていたんです。72歳で亡くなりました」

「その母が最期に言ったんです。『(古河の銘菓の)白玉が食べたい』って」

「糖尿病がありましたからね。甘いものは制限されていたんです」

「それで言ったんですね。でも、食べさせてあげられませんでした」

「すぐに亡くなったんです。娘としては、もっと生きていて欲しかった」

「だから、IKさんに娘さんがいることはすばらしいことだと私は思うんです」

「娘さんは頼りになると思います」

 MYさんが言います。

「大事なのは、マイナスなことを考えずに、いつも良くなることを考えることだと思います」

「マイナスなことを考えると、そこにがんがつけ込んでくるんです」

「それに笑うことを絶やさないことです」

「いつも楽しいことを考えるんです。そうすると免疫力が高くなります」

 いつもMYさんが言うがん患者の心構えです。

(10月患者会終わり)

この記事へのコメント