サルビアの会12月患者会(その1)

 先月初めて参加して抗がん剤治療を続けている胆管細胞がんのIKさんが言います。

「来週月曜日にCTを撮ることになってます」

「それを見て、その後どうするかを決めるんだと思います」

「今まで、2週間点滴をして1週間休むって形で治療をしてきました」

「なので、年末年始をどうするかですね」

「点滴は1日がかりですからつらいです。4本の点滴をやるんです」

「4本目になると体中が痛くなりますよ。体の置きようがなくなるんです。だからつらいんです」

 大腸がん治療中のOMさんが言います。

「そう、1日がかりですから大変ですよね」

「私は先週金曜日に抗がん剤点滴をやって来ました」

「年末の休み前なので、混んでましたね」

「年明けは15日から始めることになってます。だから、その日も混むと思います」

「病院では新型コロナの感染が増えているので、治療する患者だけしか病院に入れなくなってます」

 IKさんが言います。

「1日中点滴なので、トイレに行くのも大変」

「ときどき漏らしてしまうことがあるんです」

「だから、点滴の日は紙パンツをはいて行くんです。そうすれば少しくらい漏らしても大丈夫」

 OMさんが言います。

「そうそう、よく漏らしてしまいそうになりますよね」

「安心のため紙パンツやオムツをはいていくのは大事なことです」

「それにパッドを当てておくのもいいですよね」

 そうですね。点滴を続けていると必ずトイレに行きたくなります。

 だから、それをどうするかは確かに大事な問題ですね。

 点滴をしながらトイレに行くわけですから、不自由です。

 それで間に合わずに漏らしてしまうことがあるわけです。

 OMさんが続けます。

「友達の中には、点滴中に生理が来てしまった人がいました」

「大変でした。シーツまで真っ赤になってしまったんです」

「女性にはそんなことが起こることがあるんです」

 点滴をやるだけで、いろんなことがあります。

(つづく)

この記事へのコメント