家族の絆(TNさんの場合)~抗がん剤治療の効果と手術

 CT写真を見ながら担当医はいった。

「TNさん、がんが小さくなっています。それに食道のまわりにあったリンパ節も小さくなっています。効果がありましたね」

 担当医は続けた。

「これならば、手術をする意味があると思います。食道のまわりに広がったがん細胞も抗がん剤でかなり死んだでしょう。もともとのがんもリンパ節も小さくなりましたから、手術もやりやすくなったはずです」

「そして、手術の後、また抗がん剤を点滴すれば、たとえ手術で取りきれなかったがん細胞があったとしても、それを殺すことができるはずです。手術することにしましょう」

 TNさんは担当医にいった。

「先生、それでよくなるんであれば、手術してもらいます」

 3回の抗がん剤点滴によって白血球と血小板が少なくなっていたため、その回復を待って手術が行われることになった。

 そして、まもなく手術の予定が立てられた。

※このブログ(「KWさんの場合」まで)が本になりました。「がんになって分かったこと~さまざまながんの素顔と元気な患者たち」という書名で、文芸社からの出版です。ネット販売もしています。

"家族の絆(TNさんの場合)~抗がん剤治療の効果と手術" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント