サルビアの会6月家族会(その1)

 卵巣がん術後のYDさんが言います。

「新型コロナのために息子はTV会議が増えています」

「自分の部屋には、そのための機具が備わっているんだそうです」

「それを見て孫たちがそれを使わせて欲しいと息子の部屋を占領してしまうんだそうです」

「なので、TV会議のない日は私の家に来ているんです」

「息子の世話をしなくてはならなくなる私はたまったものではないんですよ」

 弟さんを肺がんで亡くしたSTさんが言います。

「私の孫は高校2年なんですが、TV講義だそうです」

「新型コロナのせいで、いろんなことが変わりましたね?」

 そうですね。3密を避ける新しい生活様式に慣れていかないといけません。

 3密は、密室・密集・密接の3つの密です。

 他人との距離を保つことはソーシャルディスタンスをとることと言われています。

 でも、正しくはフィジカルディスタンス(身体的な距離)と言うべきという考えがあります。

 私もそのほうが正しいと思います。

 ソーシャルディスタンスは社会的距離という意味です。

 これはたとえば暴力団などとは常に距離を置くべきだなどという風に使われるべき言葉だと思います。

 社会的に距離を置くべきということです。

 新しい生活様式では、人との間を最低1メートル、できれば2メートルあけるべきといわれます。

 ですから、これは身体的な距離というべきだと思うのです。

(つづく)

"サルビアの会6月家族会(その1)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント