テーマ:食道がん

サルビアの会2月家族会(その5)

 KNさんが、突然、先月がん体験談を終えたTJさんに話を向けます。 「どこで話をなさったんですか?どんな風でした?」  TJさんが答えます。 「場所はつくばです。話しやすい所でした。マイクもよかったです。とにかく、自分にとって気持ちの整理をつけるいい機会になりました。この機会をいただいて、本当によかったと思っています」…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会1月患者会(その4)

 その後、TJさんが翌週の本番に向けて発表の練習をすることになりました。「私の体験談」と題したその話の予行練習は、予定の30分ちょっとで終わりました。オーケーです。  その話は、進行性の食道がんと言われ、最初に抗がん剤治療をすることになったということで始まりました。治療の効果があって、がんは内視鏡では見えなくなりました。  …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会1月患者会(その2)

 TJさんが言います。 「私は、今ならば、抗がん剤の治療を終わってから手術するという方針を選んだと思います」 「でも、当時は知識もなくて、抗がん剤でがんがなくなったと聞いたので、それならわざわざ大変な手術を受ける必要はないと単純に考えてしまい、放射線治療を選んだんです」 「でも、あとで『どうして手術を受けなかったんです…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会1月患者会(その1)

 きょうは、今年最初の会でした。  最初に食道がん治療後のTJさんご夫妻が入ってきました。TJさんは、来週金曜日に、県が進めるがん予防推進員養成講座で、がん体験談をすることになっています。そのTJさんが言います。 「前回、体験談の予行練習は必要ないと言いましたが、やっぱり、きょうみなさんに聞いてもらって、忌憚のない意見をもらおうと思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会12月患者会(その2)

 これを聞いて、食道がん放射線治療後のTJさんの奥さんが言いました。 「主人も早く手術をしてもらってしまったほうが、さっぱりしていいと思うんですけどねえ。それに少しでも若いうち、体力のあるうちのほうがいいと思うんです」  奥さんの言うのを聞いて、しばらくしてからTJさんご本人が口を開きました。 「外科の先生は、手術の前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会9月患者会(その1)

 食道がん治療中のTJさんが元気に参加しました。 「私は来週内視鏡とCTの検査を受けます。結果はその次の週に聞くんですが、どうなんでしょうかね、またなにか新しい病気が見つかったってことになるんじゃないかなって思います。この前がそうだったですから、初めからそう思っていた方がいいと思ってます」  じつは前回の検査で、TJさんはつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族の絆(TNさんの場合)~家族総出の最後の介護

 家族旅行から帰った後、長女夫婦が定期的に泊まりにくることになった。 次女は、抗うつ剤が増えてから、ときどき薬の管理を失敗するようになった。母親に渡すべき薬を間違えるようになったのだ。次女を休ませてやる必要があるとTNさんは感じていた。  家族旅行に行って本当によかったと思った。夫との別居、そして長女の結婚の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族の絆(TNさんの場合)~最後の家族旅行

 二人の娘が私にTNさんを温泉に連れて行きたいと言ってきた。私はまったく問題ないと言い、TNさん本人の気持ちを確認した。TNさんも、是非行きたいと言った。長女の夫が自分のワゴン車でみんなを連れていくという。  TNさんは、子供たちが小さかった時に行ったことのある家族旅行を思い出していた。実は、この家族旅行はTNさん自身が言い出した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族の絆(TNさんの場合)~首から腕への痛み

 同時にしこりの奥のほうに痛みが出てきた。しかもその痛みは首だけではなく、肩から腕のほうにまで及ぶ痛みだ。  これは、がんが頸椎の間を通って出てくる神経を傷害して起こしている痛みである。通常の痛み止めだけでは、この痛みは取れない。  もう2度と入院はしないと決めていたTNさんだったが、この痛みはたまらなかった。痛みの治療のた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族の絆(TNさんの場合)~ステント治療の効果

 外来で治療が済んだTNさんは、何事もなかったように家にいた。食べ物は、治療後すぐにふつうにのどを通るようになった。  ただし、ステントには太さがあるので、その太さよりも径の大きいものは通らない。だから、どんなものも口の中でよく噛み砕く必要がある。そうすればつまることはない。  しかし、がんの場合は、進行性なので、いったん通…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族の絆(TNさんの場合)~嚥下困難の治療

 TNさんは聞いた。 「もう、すぐに食べられなくなってしまうんですか?」 主治医は答えた。 「固いものや固形物は、まもなく通らなくなる可能性が高いと思います。でも、どんどんひどくなっていくようなら、ステントという、狭くなったところを広げる管のようなものがありますから、それを通せばいいと思います」 「それは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族の絆(TNさんの場合)~首のしこりの再発

 ところが、そうしているうちに、TNさんはのどの通りが悪くなってきたのに気づいた。少し固いものを食べるとのどにひっかかる。そして、首の付け根の奥にあるしこりが再び大きくなってきたように思えた。  再発かと思ったTNさんは、次女に内緒で主治医の外来を受診した。  診察を終えた主治医は言った。 「TNさん、放射線治療をした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族の絆(TNさんの場合)~次女も元気に

 TNさんが元気で家にいられるようになり、同時に抗うつ剤の効果も現れ始めたと見えて、次女はしだいに食べられるようになってきた。  TNさんは次女に言った。 「ずいぶん心配かけたわね。でも、もう大丈夫よ。私は、もう入院することはないと思う」  次女は答えた。 「そうね。そうなるといいわね」  次女はさらに言っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族の絆(TNさんの場合)~次女のうつ病

 今度は次女が病院へ行くことになった。  睡眠外来での診察は、それほど時間がかからなかった。そして、その診察の結果はTNさんに話された。 「眠れないのはうつ病のためだと思います。幸いそれほどひどい状態ではありませんから、抗うつ剤と睡眠剤を飲みながら通院で様子を見ましょう。娘さんご本人には、2種類の睡眠剤を飲んでもらいながら様…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会1月家族会(その3)

 つぎに食道がんの治療を終えたばかりのTJさんが言いました。 「私は走るのが好きなんですが、今は治療が終わったばかりなので、ちょっとしたことで疲れてしまいます。治療を受ける前は78kgだった体重が、今72kgになってます」 「その体重を見た時、私は『この体重ならマラソンができる』と思いました。いつも15kmくらいを走っていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会1月家族会(その2)

 今回は、食道がんの治療を終えたばかりのTJさんが、久しぶりに奥さんと一緒にご夫婦で参加しました。  奥さんが言います。 「人に勧められた漢方を飲んでましたが、がんの治療とは合わないなんて言う人もいるので、今度の入院中は飲まずにいたんです。退院した今、また飲んだ方がいいかどうか悩んでいます。どうなんでしょう?」  私は、漢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族の絆(TNさんの場合)~二度目の頚部放射線治療と次女の病気

 手術の直後に、すでに頚部には放射線治療が行われているので、腫れているリンパ節のところに限定した放射線照射が行われることになった。  通院には、次女が毎回付き添ってくれた。この放射線治療は3週間で終わった。  TNさんは治療が終わった日、最近やせてきたように見える次女に言った。 「私よりあなたのほうが心配だわ。最近食事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族の絆(TNさんの場合)~治療直後のリンパ節転移

 この治療を終えて退院となったが、やはりTNさんの気持ちは晴れなかった。 「抗がん剤治療も手術も放射線治療も、何もかも私のがんには効果がなかった。ということは、今度の治療もまったく無駄に終わるかもしれない」  TNさんは、今までのことを思い返すと、そう考えるしかなかった。  そうして、手術のきずと放射線治療の名残りがま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族の絆(TNさんの場合)~食道がんの骨転移

 入院すると、すぐにCTとMRIの検査が行われた。それを見ると、骨盤と腰椎の一部が明らかに溶けてなくなっていた。骨転移だった。やはり、TNさんの食道がんを完全に治すことはできなかった。  ただ、それ以外には明らかな転移は見つからなかったので、まず放射線治療を行うことになった。痛みのある骨転移には、放射線治療が最も効果がある。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族の絆(TNさんの場合)~腰の骨の変化

 腰の痛みが続くTNさんは、担当医から言われたことを思い出していた。 「なにか変なことがあったら、緊急外来に来なさい」  大学病院に電話し、緊急外来を受診した。緊急外来担当医はすぐに腰のX線写真を撮ると言った。  X線写真を撮って待っていると、外来担当医から診察室に入るよう呼び出された。 「TNさん、骨盤と腰椎の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族の絆(TNさんの場合)~久しぶりのゴルフ

 ほぼ1年ぶりのゴルフ場だった。秋も深まりゆく頃で、さわやかな日だった。  久しぶりに大空の下、真っ青なグリーンをめがけて、1番ウッドを大きく振った。少し力を抜いたスイングだった。だからなのか、ボールを芯でとらえることができた。ボールはコースの真ん中を飛んで行った。  その最初のひと振りを終えて、つぎのショットを打つため、コ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族の絆(TNさんの場合)~退院へ

 担当医はいった。 「TNさん、毎月私の外来を受診して下さい。それに、なにか具合の悪いことがあったら、いつでも緊急外来を受診してください」  TNさんは答えた。 「分かりました。でも、緊急で来なきゃあならないようなことには、なりたくないですね」  TNさんはゴルフが好きだった。この病気になって、タバコとお酒はやめ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族の絆(TNさんの場合)~放射線治療の副作用

 ただ、治療を重ねるうちに、皮膚が日焼けしたように赤くなりひりひりとした痛みを感じるようになった。それと同時に、のどの奥が焼けるように痛み出した。ものを食べようとしても、痛くてものがのどを通らない。  これは、放射線による皮膚炎と咽頭炎である。皮膚と粘膜の細胞が放射線によって死んでしまったために起こる炎症である。皮膚はひどい日焼け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族の絆(TNさんの場合)~手術の後の放射線治療

 そのころ、手術で摘出した食道がんとリンパ節の転移の状態についての検査結果が報告された。  見た目にはがんは取りきれていた。ただ、リンパ節の転移が予想以上に多かった。小さくなったリンパ節にも、がん細胞がまだ残っていた。  胸の中や頚部の取りきれなかった小さなリンパ節にがん細胞が生き残っていた時、それを死滅させるには放射線治療…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族の絆(TNさんの場合)~食道がんの手術

 食道がんの手術は、左側の胸部を大きく切開して行われることが多い。そうして、のどの奥から胃につながる食道のすべてを切り取る。同時に周囲のリンパ節をすべて摘出する。  その後、胃袋をお腹から引き上げて胸の中を通し、のどの奥の食道の口側の切除端につないで、切り取られた食道の代わりにする。このように、食道がんの手術はけっこう大変な手術で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族の絆(TNさんの場合)~抗がん剤治療の効果と手術

 CT写真を見ながら担当医はいった。 「TNさん、がんが小さくなっています。それに食道のまわりにあったリンパ節も小さくなっています。効果がありましたね」  担当医は続けた。 「これならば、手術をする意味があると思います。食道のまわりに広がったがん細胞も抗がん剤でかなり死んだでしょう。もともとのがんもリンパ節も小さくなり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会12年10月患者会

 今回は新しい参加者が二人。  最初の方は、小腸にできたがんを手術したというAYさん。小腸にできるがんは珍しいです。小腸は食べた物がすぐに通り過ぎてしまうので、食べ物の中に含まれるがんの原因になる物質が悪さをするヒマがないからです。  しかし、AYさんにとっては珍しいかどうかは問題ではありません。当然ですが、実際に小腸にがん…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

家族の絆(TNさんの場合)~食道がん治療の開始

 TNさんを診察室に招き入れた大学病院の担当医はいった。 「TNさん、食道がんには抗がん剤の効くことが多いんです。ですから、最初に抗がん剤を使ってみて、効果を確認すればいいと思います」 「効果があれば、がんも小さくなるわけですから、その後にまた改めて治療法を考えればいいと思います。手術だけでなく、放射線治療という手もあります…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族の絆(TNさんの場合)~大学病院へ

 手術をするかどうか、あるいは手術に合わせて抗がん剤や放射線治療を行うかどうかなど、問題の多いTNさんの食道がんの治療は、大学病院で行われることになった。  TNさんは、どうしようか迷った。そして、私のがん相談を訪れた。 「食道がんの精密検査が受けられなかったんです。MRIとPET検査です。ですから、『正確には分からないが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族の絆(TNさんの場合)~食道がんの精密検査

 TNさんは、食道がんの広がりの程度について、詳しく検査を受けることになった。  CT検査で肺や肝臓、そして脳に転移があるかどうかが調べられたが、それらには明らかな転移は見つからなかった。  しかし、そのCT検査で、食道のまわりのリンパ節が腫れているように見えた。これががんの転移によるものかどうかを調べるには、MRIやPET…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more