サルビアの会1月患者会(その2)

 今、A型インフルエンザがはやっています。  妹さんが悪性リンパ腫で治療中のOZさんが言います。 「妹がインフルエンザになってしまいました」 「でも、今、幸いなことに白血球が多い状態なので熱もあまり出ずにすんでいます」 「ただ、やはり食べられなくなっていて、この数日でまた3キロもやせてしまいました」 「はや…
コメント:0

続きを読むread more

1月患者会

 今年初めてのサルビアの会です。14人の参加でした。  最初に、久しぶりに参加したSSさんが言います。  SSさんは弟さんが胃がんで亡くなり、さらに娘さんが胃がんになった方です。 「きょうは夫のことで話を聞きに来たんです」 「夫は今うっ血性心不全と言われて、薬を飲んでます」 「利尿剤をたくさん飲んでるので、…
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会12月患者会(その4)

 私が話しました。 「じゃあ、一度抗がん剤治療をやめてみたらいいんじゃないですか」 「期間を決めてやめるんです。たとえば、3か月間とか6か月間とか」 「抗がん剤治療をやらなければ、まったく普通の生活が送れます」 「以前、私のところへ相談に来た肝臓に転移のある膵臓がんのひとがいました」 「自分はもう抗がん剤治…
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会12月患者会(その3)

 大腸がん肝転移を治療中のMMさんが言います。 「私は、今、抗がん剤のアバスチン点滴がイヤになってるんです」 「吐き気がつらい。今年の夏から3~4週間ごとに抗がん剤の点滴をくり返してきました」 「3週間ごとに抗がん剤を点滴すると、CTでがんがシワシワになるのが分かるんです」 「それだけ縮んだ感じがするんです。でも…
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会12月患者会(その2)

 すかさず子宮がん再発を乗り越えたMYさんが言います。 「体を動かしてるのに食べないなんて、私とちょうど逆ですね」 「私は動かないで食べるばかり。だから、この体です」  卵巣がん手術後抗がん剤治療中のKHさんが言います。 「卵巣を取ってしまうと女性ホルモンが出なくなって、そのために中性脂肪やコレステロールがたまる…
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会12月患者会(その1)

 OSさんが妹さんのSBさんについて話します。妹さんはリンパ腫に対して骨髄移植を受けました。 「妹は血液検査がだいぶ良くなっているようなんです」  そう言って検査結果を私に見せてくれました。  白血球はもちろん血小板もタンパク質もすべて数値が上がっています。たしかによくなっています。  私が言いました。 「…
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会12月家族会(その4)

 ご主人を大腸がんで亡くして17年になるKNさんが言います。 「最近もの忘れが増えて、認知症をますます自分の事と考えるようになりました」 「しっかりしていた友達が認知症になってしまったんです」 「ご主人が亡くなって顕在化したっていうことです」 「ご主人がなにもかもをやっていたので、認知症のことはおもてに出なかった…
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会12月家族会(その3)

 OSさんが言います。 「そうですね。体が弱っているのは分かっていることだと思います」 「今は、週に一回大学病院に通って輸血してもらっているんです」 「それだけで疲れるって言ってますからね」 「それに、帰りのお昼は夫とレストランとかで食べるらしいんですが、自分は外食のものは食べられないって言ってます」 「そ…
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会12月家族会(その2)

 妹さんが悪性リンパ腫4期で骨髄移植をしたOSさんが言います。 「相変わらず妹は家事全般をやっているんです」 「家は段差がきついんですが、案の定、ふらついて転びそうになっています」 「脚をふんばろうとしても、ふらついてふんばれない様子です」 「膝がガクガクしてるんです。体力が落ちてるんでしょうね」 「こんな…
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会12月家族会(その1)

 卵巣がん治療中のKHさんが言います。 「術後の抗がん剤治療が予定の4回をなんとか終えられました」 「それで、つぎは今月末からアバスチン単独で治療を続ける予定です」 「でも、4回の抗がん剤治療が終わった今、血液検査で白血球も赤血球も、血小板も少ない状態なんです」 「なので、きのう白血球を増やす薬を注射しました」 …
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会11月患者会(その3)

 このあと私が茨城新聞に書いた論説のコピーを全員に配り、その記事について説明しました。  今回はがんの予防とがん検診について書きました。  がんの予防にまず必要なのはがんにならないよう努力すること。  ただ、これには限界があるので、症状の出る前の早期に発見するためのがん検診を受けることが大切であること。  そして…
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会11月患者会(その2)

 卵巣がん治療中のKHさんが言います。 「予定した3回目の抗がん剤点滴が終わりました」 「今、血小板は10万あるんですが、好中球が400まで減っています」 「なので、来週予定の4回目の点滴ができるかどうか心配なところなんです。延期になりそうですね」  KHさん、仕方ないですね。あせらずに行きましょう。  妹…
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会11月患者会(その1)

 乳がん治療後のKMさんが言います。 「この前、定期の診察があって胸部のレントゲン写真を撮ったんです」 「それを先生に見てもらおうと思ってiPadに入れて持って来たんです」 「でも、残念ながらここではインターネットに接続できないようです。画面が出ません」  私が聞きます。 「どうしたんですか?」  K…
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会11月家族会(その3)

 子宮がん再発を乗り越えたMYさんが言います。 「弟の奥さん、血圧が高くって睡眠時無呼吸症なんですが、胃のポリープを取ることになったんです」 「それで胃カメラをやるために麻酔をかけたとたんに、呼吸が止まってしまったんです」 「そして血圧がずいぶん高くなってしまったんですが、そのとたん大動脈解離症を起こしてしまったんです…
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会11月家族会(その2)

 膵臓がん治療中のTKさんが言います。 「新聞で抗がん剤に循環器系の副作用が多いということを読みました」 「抗がん剤というと白血球と血小板の減少それに脱毛などがいつも話題になります」 「でも、それ以外の副作用もあるということを読んで気になったんです」 「自分が今使っているのはゲムシタビンとアブラキサンですが、その…
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会11月家族会(その1)

 腎臓がん肺転移を10年以上治療中のKWさんが言います。 「じつは私の母親が膵臓にしこりがあるって言われたんです」 「胃が痛くて診察を受けて、おなかのCTを撮って分かったんです」 「膵臓に1.9㎝のしこりがあるって言われました」 「そして、結局、今のところはなんとも言えないので、3か月後に再検査するということにな…
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会10月患者会(その4)

 リンパ腫治療後のAIさんが言います。 「私は、おなかに6センチもの大きなしこりが2つも見つかったんです」 「それで悪性リンパ腫と診断されて抗がん剤治療をしました」 「そんなに大きなものがおなかにあったんでは、それがいつ爆発してもおかしくないと思いました」 「治療を受けて、そのリンパ節は見えなくなっています」 …
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会10月患者会(その3)

 腎臓がん治療中のKWさんが言います。 「私は腎臓がんの治療を10年続けています」 「肺に小さなしこりがたくさん残っているんです」 「そもそも、そのしこりが最初に見つかって腎臓がんだと診断されました」 「肺は腎臓がんの転移だったんです。それで、腎臓が取られちゃいました」  私が言いました。 「KWさん…
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会10月患者会(その2)

 卵巣がん術後抗がん剤の再治療を始めているKHさんが言います。 「遺伝子に問題はありませんでした。なので、子供たちには影響がないことが分かりました」 「なので、それはいいんですが、先生からは、ひとつ抗がん剤の選択肢が減ったねといわれました」 「でも、今、予定の抗がん剤治療ができずにいるんです」 「2回目の抗がん剤…
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会10月患者会(その1)

 きょうはじめて参加したUTさんが言います。 「この前、胃がん検診の時に倒れてお世話になりました」  私が言います。 「あ、そうでしたね。軽いショックを起こして、ここに来たんでしたね」 「でも、その前に一度今の病気の相談に来てましたから、顔を会わせるのはきょうで3度目ということになりますね」  UTさんが言…
コメント:0

続きを読むread more