(がん関連情報)~乳がんの外科治療

 しかし、やはり手術できるならば、乳がんも手術で病巣を切除するのが根治への第一歩である。

 乳がんの手術といえば、以前はすべての乳房にとどまらず、その下にある胸部の筋肉(胸筋)もほとんど切り取ったので、皮膚の下に肋骨の形が見えるようになり、まるで洗濯板のようになった。これを手術の後に目の当たりにすることになった女性たちは、あまりの変容に絶望した。

 いまでは、早期に発見されれば、乳房を可能な限り残す乳房温存手術が行われる。乳首を残すことも可能なことがある。もし、乳首を切り取る必要があっても、形成外科の助けを借りて、乳首を作り直すこともできる。

 また、以前の乳がん手術では、必ず脇の下のリンパ節を切り取った。脇の下のリンパ節郭清である。そのため、手術した側の腕にリンパ液のうっ滞が起こり、リンパ浮腫というひどいむくみが起こることがしばしばあった。

 これを防ぐため、いまでは、リンパ節の転移が脇の下に起こっているかどうかを確かめ、そこまで及んでいないことが分かれば、脇の下のリンパ節の余計な切除をしないようになった。これによって、手術後に起こるいやなむくみを不必要に起こさずにすむようになった。

※このブログが本になりました。「がんになって分かったこと~さまざまながんの素顔と元気な患者たち」という書名で、文芸社からの出版です。ネット販売もしています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック