がん友(MYさんの場合)~左腕のむくみとリンパマッサージ

 MYさんの左腕のむくみは、治療による後遺症である。

 放射線治療によって脇の下にあったがんが固まるとともリンパ管がつぶれ、上肢のリンパ液のもどりが悪くなってしまったことが原因である。この腕のむくみは乳がんの手術のあとにも起こることが多い。

 MYさんは、リンパマッサージがいいと聞いて、それを受けることにした。

 マッサージとはいうものの、力を入れることなく、皮膚の表面をなでるだけと言っていいほど、優しく静かにマッサージが行われる。手の先から腕の付け根に向かってゆっくり優しくくり返される。

 こんなやり方で本当に治るのか、と最初MYさんはいぶかった。ところが、しだいにむくみは消えていったのである。現在も、むくみはほとんどないと言っていい。

 ただし、入浴のときを除いて、左腕には弾力包帯を巻き続けている。MYさんは、だれにも頼らず自分一人で毎日入浴後に弾力包帯を巻いている。

※このブログが本になりました。「がんになって分かったこと~さまざまながんの素顔と元気な患者たち」という書名で、文芸社からの出版です。ネット販売もしています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック