がんとの長いつきあい(KGさんの場合)~前立腺がんの薬物治療

 さらに前立腺がんは、男性ホルモンがその増殖に関わっているので、男性ホルモンの働きを抑える薬剤を投与する。これがホルモン療法である。内分泌療法とも言われる。

 これには手術による方法もある。男性ホルモンをもっとも多く分泌する精巣を手術して取ってしまうのである。これによって、男性ホルモンの働きを減らし、前立腺がんを抑える。

 もちろん、手術をしなくても、前述のように男性ホルモンの働きを抑える薬剤(ホルモン剤)を使えば、前立腺がんを小さくすることができる。これには、内服剤と注射剤とがあるが、通常、最初は両方を併用して治療することが多い。

 また、通常のがんと同様に、抗がん剤も使われる。これは、進んでしまった前立腺がんに対して行われることが多い。

※このブログが本になりました。「がんになって分かったこと~さまざまながんの素顔と元気な患者たち」という書名で、文芸社からの出版です。ネット販売もしています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック