家族の絆(TNさんの場合)~腰の骨の変化

 腰の痛みが続くTNさんは、担当医から言われたことを思い出していた。

「なにか変なことがあったら、緊急外来に来なさい」

 大学病院に電話し、緊急外来を受診した。緊急外来担当医はすぐに腰のX線写真を撮ると言った。

 X線写真を撮って待っていると、外来担当医から診察室に入るよう呼び出された。

「TNさん、骨盤と腰椎のつなぎ目のところの骨が薄くなっています。もろくなっているようです。前の入院の時の担当の先生に連絡しますから、少し待ってください」

 しばらくして、診察室から前の担当医が顔を出して言った。

「TNさん、骨が壊れてるんです。少し無理したかな?」

 TNさんは答えて言った。

「久しぶりにゴルフをやりました。クラブを振った後に痛みが来たんです」

 担当医は言った。

「そうでしたか?いずれにしても、また入院しないといけません」

※このブログ(「KWさんの場合」まで)が本になりました。「がんになって分かったこと~さまざまながんの素顔と元気な患者たち」という書名で、文芸社からの出版です。ネット販売もしています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック