手術はイヤ(THさんの場合)~セカンドオピニオン(その1)

 THさんのご主人は、手術ができないという主治医の言葉を頭の中でくりかえしていた。

 病室に戻ると、ご主人は言った。

「手術ができないなんて、そんなことは絶対にないはずだ。病院を替えてみよう」

 THさんは言い返した。

「いいのよ。手術はしなくても。私は、ここで抗がん剤の治療を受けるわよ」

 ご主人は、さらに言った。

「セカンドオピニオンというのがあるの知ってるよね?別の病院のドクターの意見を聞くやつだよ。それを聞くのはどうだ?なにもここで言われたことを鵜呑みにするばかりじゃ、脳がない。少し調べてみるよ」

 THさんは、あきれたように言った。

「そう。仕方ないわね。好きなようにすればいいわ」

 THさんのご主人は、家に帰り、さっそくインターネットで膵臓がんの専門ドクターについて検索した。残念ながら、近くの病院には大学病院を含めて見つからなかった。最も近いところで、隣の県のがんセンター東病院のドクターの名前が見つかった。

「よし、このドクターの意見を聞いてみよう」

*このブログが「がんになって分かったこと」(文芸社)という本になっています。読んでみてください。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック