サルビアの会5月患者会(その3)

 誤嚥による肺炎であれば、熱が出る。それに、咳だけではなく痰が出る。ところが、KYさんには熱も痰も出ていない。咳が出るだけである。

 したがって、通常の肺炎ではない肺炎、つまり間質性肺炎という特殊な肺炎が考えられる。これは、細菌やウイルスの感染によって起こった肺炎ではなく、アレルギー反応などによって肺そのものに起こった炎症である。

 KYさんが使っているインターフェロンは、ときどきその原因になることが分かっている。したがって、その量を減らすことは意味がある。

 むしろ、すべてやめてしまってもいいかもしれないが、がんの治療のために使っている薬をすべてやめることを、その薬剤が原因で問題が起きていると100%分かったわけではないところでやるわけにはいかないだろう。

 つまり、他に原因のある可能性もあるので、使う量を少し減らして様子を見るのがいいと思ったわけである。もし、それでも症状が明らかに進むようであれば、原因は別にある可能性があるので、すぐに診察を受ける必要がある。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック