手術はイヤ(THさんの場合)~痛みの治療

 背中の痛みは、それまで通常の鎮痛剤でなんとかなっていたが、それではまったく効果がなくなっていたので、モルヒネが追加されることになった。

 薬も飲むことができないため、点滴でモルヒネが入れられた。持続点滴という方法で、少しづつモルヒネを注入し続けるのである。これによって少し痛みは和らいだようだったが、THさんは夜に眠れず、昼に眠るという状態になってしまった。昼夜逆転である。

 これを見た主治医がTHさんのご主人に言った。

「THさん、奥さんの昼夜逆転状態を治すには、夜に睡眠剤を点滴に混ぜるのがいいと思います」

 THさんのご主人は主治医に任せた。

「確かに睡眠剤で夜に眠るようにすれば、昼には起きていられるかもしれませんね。よろしくお願いします」

 THさんにご主人は声をかけた。

「夜にきちんと眠れるように、眠り薬を使うんだって。それでゆっくり休むといいよ」

 これが最後の声かけになるとは、THさんのご主人は思いもしなかった。

*このブログが「がんになって分かったこと」(文芸社)という本になっています。電子書籍化もされています。ぜひお読みください。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック