どうして私が胃がんに?(UEさんの場合)~最後の入院

 病院に着いてすぐに呼んだ医療ソーシャルワーカーを前にして、UEさんの口からは思いがけない言葉が出た。

「私を入院させてください」

 ソーシャルワーカーは、UEさんの思いつめた顔を見て、すぐに担当の緩和ケアの医師に連絡を取った。すぐに緩和ケアの医師は来た。

「どうしましたか?」

 UEさんは必死に頼んだ。

「先生、私を入院させてください。この状態では、私が家にいるのは無理です。お願いです」

 緩和ケアの医師は、突然の申し入れに戸惑いながら言った。

「そうですね。確かに今の状態で家に帰すわけにはいきません。とりあえず、今あいている病室を探します。そこに入院してもらうことにします」

 UEさんは思い通り入院できることになった。しかし、ご主人が最もびっくりしていた。UEさんは最期まで家にいると言っていたからだ。ご主人もそのつもりだったのだ。

 ご主人は、今どうなっているのかまだ状況をよく呑み込めずにいたが、どうしても入院したいという妻の強い気持ちは分かった。しかも、妻は自分や家族を思ってそうしているようだった。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック