肝転移のある直腸がん(CBさんの場合)~大学病院へ

 CBさんは奥さんに言った。

「直腸がんか。ずいぶん簡単にがんなんてことを言うね?」

 奥さんは、さっき担当医に言われたことを思い出しながら答えた。

「とにかく検査をするんだっていうから仕方ないわね。それでどんな状態かが分かってから、治療方針が決まるわけでしょ?」

 CBさんは奥さんに聞いた。

「検査って、どんなことやるんだろうね?」

 奥さんは答えて言った。

「そんなこと分からないわ。あとで先生が話してくれるでしょうよ」

 CBさんは言った。

「そうだな、なにをやるかお前に分かるわけないよな。しかたない。まず、CT検査でどういう結果が出るか、それを待つことにしよう。」

 CT検査が終わると、担当医は言った。

「CBさん、CTで肝臓を見ると、肝臓にもしこりがいくつか見えます。直腸がんと肝臓のしこりをすべて治療するということを考えると、大学病院へ行くのがいいと思います。すぐに紹介状を書きますが、いいですか?」

 CBさんには担当医に反対する理由はないので、それを受け入れた。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック