サルビアの会8月家族会(その2)

 KNさんが続けます。

「心配事はないと思ってるんですが、でもいろいろありますね。家にはヘビがくるし、娘たちの夫がそれぞれ難しい病気になるし・・・。ヘビは本当にいやですよ。でも、『主人の身代わりか』なんて思ったりして・・・」

 私が聞きました。

「昼寝はどうですか?」

 KNさんが答えます。

「しちゃうんです。テレビなんか見てると、いつの間にか見ていた番組が終わってますね。それに、だいぶ大きな音で設定してるんですが、携帯が鳴っても起きないことも多いです。完全に熟睡ですね」

 KNさんは、初めから日中に十分眠ってしまっていることを認めて、なにか防戦をはっているようです。私が言います。

「昼寝は最小限10分から15分で終わらせるのがいいんです。それ以上になると、長くなっただけ夜の睡眠時間に影響すると言われます」

「昼のテレビドラマを完全に見過ごすくらいの昼寝だと、1時間以上、場合によっては2時間近く眠っているわけですよね?」

「ですから、その分夜の睡眠時間が少なくて済むんです。つまり、その分眠れなくなってしまいます。KNさんは80歳ですから、1日の必要睡眠時間は6時間あればいいと思います」

「昼に2時間眠っているとすれば、夜は4時間寝ればいいということになります。とすれば、いつ頃床について、何時頃起きればいいかが分かるでしょう」

「12時に寝るとすれば、4時に起きればいいということになるわけです。そういう生活のリズムをつくればいいわけですが、昼寝の時間を長くても15分以内にするのがいいと思います。どうですか?」

 KNさんが言います。

「そうですね。分かりました、昼寝の時間を減らすことですね?頑張ってみます。でも大変だなあ。なんせ、独りきりなので、つい昼間は寝てしまうんです」

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • サルビアの会 (8月家族会) に参加

    Excerpt: 8月1日(土)は 茨城県古河市のがん患者家族会に参加しました。 Weblog: 開業保健師  みんなの“自分らしさ”を大切に racked: 2015-08-08 15:48