サルビアの会10月患者会(その3)

 私が言いました。

「そうするのがいいです。麻薬だからって、怖いものじゃないですよ。それよりきちんと飲んで痛みを取ったほうがいい。それから便秘はないですか?」

 KTさんが答えます。

「便秘かどうか分かんないが、3~4日に1回くらいかなあ。なんしろ食ってねえから、出ねえ。体重は18キロも減った」

「だから、硬いところへ座ってると、骨に当たるようで尻が痛くて座ってらんねえ。それに寒さがこたえるし、夏は汗も出なかった。これも食ってねえからだと思ってる」

 これを聞いて、胃がんの術後10年近くなるUDさんが言います。

「私も手術のあとTS-1を飲んで大変でした。食欲が落ちるし、下痢はひどいしで、10キロやせました。体中が痛かったですね。寝るのもつらかった」

「痛みがあると何もできませんよね。だから、私は痛みを取るのが一番だと思います。麻薬だからと心配する必要はありませんよ。飲む必要がなくなったら、いつでもやめられますからね」

「やせると体が冷えますよね。私は、いつもハラマキをして、レッグウォーマーもしてるんです。そうして、おなかと脚を暖めているんです。そうしないと外に出られない」

「外に出ることがいいですよ。そうしないと、気分も滅入ってしまう。そうするためにも、痛みを取るのが一番だと思います」

 KTさんが言います。

「確かに座ってても、寝てても痛む。これを我慢して、しかめっ面をしてると、オッカアが心配するんだ。確かに痛みが何とかなればいいなあ」

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • サルビアの会(10月患者会)に参加

    Excerpt: 昨日第3土曜日は、古河市で開かれているがん患者会に参加してきました。 Weblog: 開業保健師  みんなの“自分らしさ”を大切に racked: 2015-10-24 19:37