テーマ:膵臓がん治療

サルビアの会4月患者会(その4)

 KNさんの奥さんが言います。 「夫が食べられなくなったのは、抗がん剤治療が始まった最初の時だけでした」 「最初の抗がん剤点滴が終ったとたん体中に震えが来てどうしようもなくなったんです」 「その時は、ものを口にするどころではありませんでした」 「でも、食べられなかったのはそれっきりで、その後はまったく問題ありませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会1月患者会(その3)

 残念ながら兄の膵臓がんは、すでに手術のできない状態にまで進行していました。  とにかく黄疸と発熱を取るために最初にしてもらったことは、ステントという管を胆管に通して、胆汁の通りをよくすることでした。  それはうまく行って、症状はなくなりました。ただ、膵臓がんの治療は抗がん剤しか方法が残っていません。  アブラキサンと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more